あなたはステキな恋愛したいですか?

はい  いいえ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク



誰も幸せになれなかった 




社会人今年で2年目。
入社して、東京で研修を2ヶ月して地元に帰ってきた。
地元で1人の女性に恋をした。相手は部の上司。
家庭を持っていた。
諦めようと何度も思った。諦めきれず遠まわしに数ヶ月アプローチをした。
ある日電話があり、「はっきり言って」と言われた。
正直に「付き合ってほしい」と言った。
その日は彼女が外で電話をしていたこともあり、電池が切れ中途半端に話は終わった。
後日メールが来た「私でいいの?」
すぐに返信をした「あなたじゃなきゃだめなんです。」
家庭も持ちと分かっていても、最終的には旦那に戻ると分かっていても、世界が例え認めなくてもその時はうれしかった。
土、日は会えない。電話は掛けてはいけない。
窮屈だが、それでも楽しかった。
数ヶ月が過ぎた頃、飲んで帰る途中キスをしているところを会社の部長に見られた。
次の日呼び出され、説教をされた。
俺をかばって「私が無理やりしたんです。」と言った彼女に涙が出そうになった。
俺と付き合っていたら彼女が不幸になる。別れを言うことにした。
結局、彼女を見るとそんなことは言えずについつい笑ってしまった。
1人になるとすごく悩んだ。苦しかった。
そんな折、他社から誘いの電話が入った。待遇も給料も良い。彼女とも少しずつ離れられる。転職を決意した。
転職して数ヶ月連絡も頻繁でなくなり、そろそろ別れを言おうとして、彼女と会った。
会ってすぐ「私が旦那と別れたら昔みたいに愛してくれる?」
そしたら、結婚しようと言いかけて、止めた。彼女の旦那は大手1流会社の管理職。
どう考えても、年収300万の俺より幸せにしてくれる。
俺はもしかしたら、泣いてたかもしれない。
「そういうの重いんだよ。別れよう。」震えた声で言った。
「分かった」彼女は立ち去った。
誰も幸せにはなれなかった。
関連記事
スポンサーサイト

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chdx.blog.fc2.com/tb.php/66-a99110ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。