あなたはステキな恋愛したいですか?

はい  いいえ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク



止まった時間と変わらぬ想い 

止まった時間と変わらぬ想い

止まった時間と変わらぬ想い



『今度そっちいくから』
『いや、俺が戻るから待ってろ』

最後に交わしたのはそんな会話だった。
今度会ったらプロポーズしようと、決めていた。
俺には彼女以外考えられなかったし、正直遠距離でいるのも寂しくて限界だった。
彼女も薄々気がついてはいたようだった。

それから三日後の朝、俺はテレビの前で愕然とした。
瞬きすらできないまま、立ち尽くしていたと思う。
気がついたときには、携帯を握りしめて、知り合いに片っ端から電話していた。
全部、繋がらなかった。
大丈夫だ、少しの怪我ぐらいで、生きてる。
必死に言い聞かせながら、震える手で何度も何度も電話をかけた。

全て解ったのは次の日の夜。
俺の母親が、泣きながら電話をしてきて言った。
彼女が亡くなったのだと。
俺は聞いた瞬間に、携帯を壁に投げつけた。



そして、生まれて初めて声を上げて泣いた。



命日は昨日。
時が来れば否が応でも思い出す。
俺の時間は、あの日から動かない。
でも俺自身はそれでいいと思っている。
彼女の他に、愛したいと思える人はいないから。

人は、いつ死ぬのか誰もわからない。
失ってからでは、すべてが遅すぎる。
だから好きな人がいるヤツ、俺のようにはならないで欲しい。

ただ、それだけが言いたかった。
関連記事
スポンサーサイト

   はてなブックマークに追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 Yahoo!ブックマークに登録 あとで読む Buzzurlにブックマーク



この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chdx.blog.fc2.com/tb.php/84-49cac8b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。